ウクライナのチェルノブイリ原発、ロシア軍が掌握

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空港にミサイル攻撃、ウクライナへの侵攻開始

ウクライナ・キエフ/リビウ(CNN) ウクライナに侵攻したロシア軍が24日、北部のチェルノブイリ原子力発電所を掌握した。この地域を管理する当局が発表した。

立入禁止区域管理庁の広報官はCNNに「今朝(キエフの)オフィスに来たら、(チェルノブイリ原発の)管理者が立ち去ったとわかった。指示を与えたり守ったりする者が誰もいなかった」と述べた。

ゼレンスキー大統領は同日早く、ロシアがチェルノブイリ原発を掌握しようとしていると警告。「防衛する者が1986年の悲劇を繰り返さないように命をささげている」とツイートしていた。

ウクライナ外務省も大統領と同様の警告を発して、原子力災害の再発に懸念を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]