英独伊で感染拡大止まらず、3日連続の最多や新変異株の猛威も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英独伊で新型コロナの感染拡大が一段と猛威を振るっている/NIAID-RML

英独伊で新型コロナの感染拡大が一段と猛威を振るっている/NIAID-RML

(CNN) 英国政府は17日、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数が同日、計9万3045人と新型コロナの大流行が始まって以降、最多となったと報告した。

16日の8万8376人、15日の7万8610人を上回り、3日連続の最多更新となった。猛威が目立ち始めた新たな変異株「オミクロン株」の新規感染者は17日には3201人で、累計では1万4909人となった。

一方、イタリアの保健省は17日、国内の新規感染者が同日、2万8632人に達したと発表した。今年になってからは1日あたりで最多。過去24時間内における新たな死者は120人だった。

イタリア国立衛生研究所の週ごとの報告書によると、新たな陽性反応の判明は過去8週間、連日増える傾向にある。主流は依然、デルタ変異株で、オミクロン株による感染は55例のみとなっている。

ドイツ政府系の医療研究機関、ロベルト・コッホ研究所は18日までに、オミクロン株による感染者が拡大していると報告した。14日までに確認されたのは112例で、疑い例は213例。前週に確認された症例は28例だった。

新型コロナの新規感染者は16日、過去24時間内で5万968人を把握。死者は437人だった。7日間における感染率は落ち込んでいるものの、10万人あたり332人の高水準に依然ある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]