インド、アフリカ諸国への支援表明 ワクチンや医療物資を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が確認されたことを受け、インド外務省は29日、国内で製造されたワクチンや医療物資などをアフリカ諸国に提供すると表明した。

同省はアフリカをはじめ、これまでにオミクロン株が確認された諸外国との「連帯」を表明。医薬品や検査キット、手袋、個人防護具(PPE)キット、人工呼吸器などの医療機器を提供すると述べた。

またアフリカ諸国に向け、国際的なワクチン分配の枠組み「COVAX(コバックス)」を通してインド製ワクチンを発注するよう促した。

これまでにCOVAXを通し、英アストロゼネカの技術供与を受けてインド血清研究所が製造するワクチン「コビシールド」をマラウイ、エチオピア、ザンビア、モザンビーク、ギニア、レソト、ボツワナなどへ提供する契約が全て承認されているという。

同省は「さらに2国間またはCOVAX経由の新たな要請も迅速に検討する」と述べた。

インドはこれまでに、国産ワクチン2500万回分あまりを、寄付またはCOVAX経由でアフリカの計41カ国に供給している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]