台湾、改良戦闘機「F16V」を公開 中国からの脅威高まる中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾、改良戦闘機「F16V」を公開

台湾・嘉義空軍基地(CNN) 台湾は18日、F16を改良した戦闘機「F16V」を公開した。中国による空からの攻撃を受けた場合、台湾防衛の中心を担う機種となる。

F16Vは今回、台湾南西部沿岸にある嘉義空軍基地の上空を飛行。米国製のF16V「バイパー」で構成される台湾初の部隊の能力を示すため、パイロットらが空中機動を披露した。

台湾中央通信(CNA)によると、F16Vは台湾が1990年代に取得した「F16A/B」を更新した機体で、先進的なレーダーシステムや新型ミッションコンピューターを搭載する。2023年までに戦闘機141機を新型機に更新する計画だという。

台湾国防部の幹部は17日の議会証言で、すでに60機以上のF16を更新したと明らかにした。

このほか、台湾は米ロッキード・マーチンから新しいF16Vを66機購入した。CNAによると、引き渡しは23年に始まるとみられている。

嘉義の基地では18日、20機以上のF16Vが公開された。

台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は就役式典で、F16Vで編成する新部隊の発足は米台関係の深化を示すものだと説明。「ロッキード・マーチンのチームは更新完了に当たり多大な支援を提供してくれた」「今回の件は米台友好のさらなる進展のみならず、米台関係への強い決意も示している」と語った。

中国共産党はこのところ台湾への軍事的圧力を強化しており、10月には5日間で150機の軍用機を同島付近に派遣した。台湾は無線による警告を発したり、監視目的で対空ミサイルシステムを展開したりする対応を迫られていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]