台湾の諸島の中国制圧、米に有効な対応策ほぼなし 机上演習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾海峡を航行する米沿岸警備隊の警備艦(手前)と米海軍のミサイル駆逐艦/US Coast Guard/AP

台湾海峡を航行する米沿岸警備隊の警備艦(手前)と米海軍のミサイル駆逐艦/US Coast Guard/AP

(CNN) 台湾が実効支配する周辺の諸島を中国が制圧した場合、米国が中国との戦争勃発(ぼっぱつ)や事態の大規模な悪化のリスクを引き受けずに打ち出せる有効な対応策はほとんどないことが28日までにわかった。

この結論は外交政策や国防の専門家らが最近実施した机上演習で導き出された。この演習のシナリオは米シンクタンク「新アメリカ安全保障センター」の報告書に盛り込まれた。

演習の舞台となったのは、台湾と香港の間の南シナ海に位置し、台湾軍兵士約500人が駐屯している東沙環礁。

シナリオに描かれた同環礁の攻略は、台湾近くの他の島しょあるいは即座の台湾制圧へ向けた先行的な措置になる可能性がある。

報告書によると、中国が東沙環礁を軍事的に支配した場合、米国が中国に台湾への返還を迫ることが可能な信頼出来る方途はないことが判明した。

経済制裁を打ち出してもその効果が出るまでには時間がかかり過ぎ、中国の決定事項に影響力を及ぼすほど強力な措置とも見られていない。軍事行動を仕掛ければ戦争勃発へつながりかねず、米国と台湾は共にこのような事態の回避を望んでいる。

この中で報告書は多国間による取り組み方の必要性を強調。「米国、台湾、日本や他国はまず第一に中国による台湾制圧を思いとどまらせる手立てを考えるべき」と主張。

「米台は中国の限定的な軍事攻撃や台湾に対する威圧行為に対抗する信頼出来る抑止力の構築を図るべく協働を現時点で始めなければならない」とし、「全てのシナリオにおいて日本との協力が効果的な抑止態勢を整備する上で非常に重要である」と結論づけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]