米受け入れ再開、欧州からの旅行者が続々 感染の再拡大に懸念も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仏パリのシャルルドゴール空港で出国手続きを待つ旅行者ら/Nathan Laine/Bloomberg/Getty Images

仏パリのシャルルドゴール空港で出国手続きを待つ旅行者ら/Nathan Laine/Bloomberg/Getty Images

パリ(CNN) 米国が8日から、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した外国人旅行者の受け入れを再開した。渡航禁止の解除は1年8カ月ぶり。しかし欧州は症例数が急増して再び感染拡大の中心地となりつつある。

英国や欧州の大半の国を含む33カ国からの旅行者は、ワクチン接種証明書と陰性証明書の提示を条件として、隔離なしで米国に入国できる。

欧州主要都市の空港には8日、パンデミック(世界的大流行)が始まって以来、離れ離れになっていた米国の家族や友人と再会するために、大勢の旅行者が詰めかけた。

ただ、欧州は感染拡大の新たな波に覆われている。世界保健機関(WHO)は先週、欧州が再びパンデミックの「中心地」になったと述べていた。

欧州では再びデルタ変異株の感染が急拡大。各国で制限が緩和され、ワクチン接種が滞る国もある中で、この冬は欧州で50万人が新型コロナのために死亡する可能性もあるとWHOは予測している。

ドイツは8日、7日間の感染率がパンデミック始まって以来の最多を記録した。隣国オーストリアは同日、症例数の急増を受け、ワクチン未接種者による飲食店や宿泊施設の利用を禁止した。アイスランドもマスク着用規定やソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)規定を再導入。ロシアやウクライナ、ギリシャの症例数は記録を更新し続けている。

フランスでも過去1カ月で症例数が急増し、エマニュエル・マクロン大統領は2日、国民向けの演説を行った。大掛かりなテレビ演説は、医療従事者全員のワクチン義務付けを発表した7月以来だった。

それでも8日午前、パリのシャルルドゴール空港には、米国に向かう旅行者がマスク姿で次々に到着した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]