首相の住居に無人機攻撃、本人は無事 イラク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラクのカディミ首相。住宅がドローン(無人機)によって攻撃を受けた/Khalid Mohammed/AP

イラクのカディミ首相。住宅がドローン(無人機)によって攻撃を受けた/Khalid Mohammed/AP

イラク・バグダッド(CNN) イラク軍によると、首都バグダッドにあるカディミ首相の住居が7日、爆発物を積んだドローン(無人機)の攻撃を受けた。

カディミ氏は直後にツイッター上で無事を報告し、市民に平静と自制を呼び掛けた。

イラク軍もその後、カディミ氏にけがはなく、健康状態は良好だと発表。治安部隊が「この暗殺未遂に関して必要な措置を講じている」と述べた。

今のところ犯行声明は出ていない。

バグダッドのグリーンゾーン(旧米軍管理区域)付近では5日、イランの支援を受ける民兵組織の支持者らが治安部隊と衝突し、1人が死亡、数十人が負傷した。

イラン系民兵組織を代表する政党が先月の総選挙で議席を失ったため、民兵組織はこの数週間、抗議デモや座り込みを続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]