宣教師団17人誘拐、ギャング団が身代金20億円要求 ハイチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイチのポルトープランス郊外にあるキリスト教支援団体=18日/Ralph Tedy Erol/Reuters

ハイチのポルトープランス郊外にあるキリスト教支援団体=18日/Ralph Tedy Erol/Reuters

ハイチ・ポルトープランス(CNN)  カリブ海の島国ハイチで米国人とカナダ人宣教師の一行17人が誘拐された事件で、ハイチ司法相は19日、犯行グループが人質1人につき100万ドル(約1億1000万円)の身代金を要求していることを明らかにした。

米国人16人とカナダ人1人の一行は16日、首都ポルトープランス近郊のクロワデブーケにある児童養護施設を訪問後、強い勢力をもつギャング団「400マオゾ」に誘拐された。

ハイチは政情不安に陥って治安が悪化、質の高い医療も受けられず、極度の貧困状態にある。そうした中で無差別的な誘拐事件が多発していた。

同国のリスト・キテル司法相はCNNの取材に対し、犯行グループが17人を解放する条件として1700万ドル(約20億円)を要求してきたと語った。

宣教師らが所属する米国のキリスト教支援団体によると、誘拐された一行は男性5人と女性7人、子ども5人で構成される。5人の子どもは生後8カ月の乳児と3歳、6歳、13歳、15歳で、大人は18~48歳だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]