エチオピア、国連職員7人を国外追放へ ティグレ州で飢餓の懸念高まる中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ティグレ州州都メケレで地元NGOが調整した、食糧配布用の小麦の袋を担ぐ人/Yasuyoshi Chiba/AFP via Getty Images

ティグレ州州都メケレで地元NGOが調整した、食糧配布用の小麦の袋を担ぐ人/Yasuyoshi Chiba/AFP via Getty Images

ナイロビ・ケニア(CNN) エチオピア外務省は30日、「内政に干渉」したとの理由で国連職員7人を追放すると発表した。

国連児童基金(ユニセフ)および国連人道問題調整事務所(UNOCHA)の職員を含む7人に与えられた出国の猶予は72時間。

UNOCHAは先月、戦争で荒廃したティグレ州への人道援助が事実上阻止されていると述べていた。

同組織によれば、同州では少なくとも40万人が飢餓状態に直面する。7月以降、人道物資を積んだトラックで同州に入れたのはわずか606台で、520万人の人口の支援に必要な量のごく一部だ。

国連は、需要を満たすために1日にトラック100台分が必要と推定している。また同州への医療物資の搬入はエチオピア政府によって拒否され続けているという。

国連は、通行の制限の理由として「人道物資の通関手続きの大幅な遅延、燃料の深刻な不足、報告された運転手への嫌がらせを含む、流通および官僚面での障害」を挙げている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]