豪南東部の山林で行方不明の3歳児を無事保護 捜索3日間

豪南東部の山林で3日間行方不明となっていた3歳児が無事発見、保護された/Dean Lewins/AAP/AP

豪南東部の山林で3日間行方不明となっていた3歳児が無事発見、保護された/Dean Lewins/AAP/AP

(CNN) オーストラリア南東部ニューサウスウェールズ州の山林で、3日間行方不明になっていた3歳の男児が無事に保護された。

アンソニー・エルファラクちゃんは3日、農村部にある自宅の敷地から姿を消した。CNN提携局によると、アンソニーちゃんは自閉症で言葉が話せない。

州警察は同日昼ごろに通報を受けて出動し、州緊急対策当局や地元消防当局、ボランティア数百人の協力を得て捜索を続けていた。

6日昼前に山林の上空からアンソニーちゃんの姿が確認され、地上のチームが駆け付けて保護した。

警察がツイッターに投稿した上空からの映像には、川岸で水を飲むアンソニーちゃんが映っている。

アンソニーちゃんの父親は同局とのインタビューで「これは奇跡だ。息子は生きている。素晴らしい」と喜びの声をあげ、自身もずっと徹夜で林の中を捜していたと話した。アンソニーちゃんはおむつかぶれや虫刺されがあり、転倒した形跡もみられるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]