母親を殺害して食べる、28歳男に禁錮15年5カ月 スペイン

2019年2月に逮捕されたアルベルト・サンチェス・ゴメス被告/From Policia Nacional/Twitter

2019年2月に逮捕されたアルベルト・サンチェス・ゴメス被告/From Policia Nacional/Twitter

(CNN) スペイン首都マドリードの裁判所は、市内のアパートで同居中の母親を殺害して食べたとして、28歳の男に禁錮15年5カ月を言い渡した。

裁判所の15日の声明によると、アルベルト・サンチェス・ゴメス被告は2019年はじめ、母親を殺害して遺体を切断し、少なくとも15日間をかけて食べたとされる。

サンチェス被告は19年2月に逮捕され、今年4月に公判が始まっていた。量刑の内訳は殺人罪で禁錮15年、死体損壊罪で同5カ月。

裁判所はまた、被告が「精神的に問題を抱えていた」との弁護側の主張を退け、兄弟に対する賠償金6万ユーロ(約800万円)の支払いを命じた。

スペイン国家警察の逮捕時のツイートによると、警官らはプラスチック容器の中に入った母親の遺体を発見した。母親は1カ月前から行方不明になっていたという。

マドリード検察が公判開始時にCNNに送付した文書によると、サンチェス被告は口論の後に母親を絞殺し、のこぎりやキッチンナイフを使って遺体を切断。遺体は一部を冷凍庫に保管したり、プラ袋に入れてゴミ箱に捨てたりしたとされる。

地元メディアはサンチェス被告が母親と住んでいたマドリードの地域を基に、被告を「ラス・ベンタスの人食い」と呼んでいる。

過去には南アフリカでも、地元住民が「人肉食事件」と呼ぶ事件が発生。男2人が18年12月に殺人罪で終身刑を言い渡された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]