再び噴火の可能性、数万人が避難 隣国との国境で大渋滞 コンゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンゴの噴火、数万人が避難 国境で大渋滞

コンゴ民主共和国(CNN) アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)のニラゴンゴ山が再び噴火する可能性があるとして、当局が住民に避難命令を出した。これを受けて数万人が火山に近い都市ゴマから脱出しようとして、隣国ルワンダとの国境に押し寄せている。

ニラゴンゴ山は先の週末にかけて起きた1回目の噴火で少なくとも31人が死亡、3万人が避難を強いられた。

以来、現地では地震や揺れが続いており、火山から100キロ以上離れた隣国ルワンダの首都キガリでも揺れを感じた。

地震によって道路に亀裂が入った=26日、コンゴのゴマ近郊/Djaffar Al Katanty/Reuters
地震によって道路に亀裂が入った=26日、コンゴのゴマ近郊/Djaffar Al Katanty/Reuters

建物の壁や地面には亀裂が生じ、一部では道路を横断する亀裂ができている。住民はCNNの取材に対し、近隣の高層住宅からは倒壊を恐れて避難した人もいると話した。

北キブ州知事は27日の記者会見で「地震活動のデータからは、ゴマの都市部とキブ湖の下にマグマの存在がうかがえる」「地表や湖の下で再度の噴火が起きる可能性は排除できない。何の予告もなく起きる可能性もある」と述べ、指示に従って溶岩には近づかないよう住民に警告。「窒息死したり、重いやけどを負ったりする可能性もある」と言い添えた。

北キブ州の州都ゴマはルワンダとの国境上にあるキブ湖に面している。人口は国連や世界銀行の統計では約67万人とされるが、現地の非政府組織(NGO)によれば100万人近いという。

ゴマで最も危険が大きい10地区からは27日に住民が避難している。当局の発表によると、同地では今後も地震が予想されるほか、2度目の噴火が起きる可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]