パリの病院前で発砲 1人死亡、1人重体 犯人逃走

発砲で1人が死亡、1人が重体となった。警察は病院付近を封鎖/Anne-Christine Poujoulat/AFP/Getty Images

発砲で1人が死亡、1人が重体となった。警察は病院付近を封鎖/Anne-Christine Poujoulat/AFP/Getty Images

パリ(CNN) フランス・パリ16区にある病院前で12日、発砲事件があり、検察によると、1人が死亡、1人が負傷した。

事件があったのはアンリー・デュナン病院前で、犯人は二輪車で逃走した。

死亡したのは33歳の男性。検察は初期捜査の結果、男性が「銃撃犯によって狙われていた」との見方を示した。

負傷した33歳の女性は病院の警備員で、入院し重体。死亡した男性との関係はないとみられている。

アンリー・デュナン病院前に出動する警察や消防/Anne-Christine Poujoulat/AFP/Getty Images
アンリー・デュナン病院前に出動する警察や消防/Anne-Christine Poujoulat/AFP/Getty Images

検察は組織による殺人と殺人未遂、犯罪共謀の疑いで捜査を開始した。

16区は高級住宅街として知られる。同院はフランス赤十字が運営する高齢者向け病院で、現在は新型コロナウイルスのワクチン接種センターとして使われている。

16区の区長はBFMTVに対し、犯人の身元は不明としつつ「ワクチン接種センターに対するテロリストの攻撃ではない」と述べ、センターでの接種は続ける方針を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]