フランス全土で規制強化、感染拡大で「制御不能」に陥る恐れ

フランスのエマニュエル・マクロン大統領=3月30日、フランス・パリのエリゼ宮(大統領府)/LUDOVIC MARIN/AFP via Getty Images

フランスのエマニュエル・マクロン大統領=3月30日、フランス・パリのエリゼ宮(大統領府)/LUDOVIC MARIN/AFP via Getty Images

パリ(CNN) フランスのエマニュエル・マクロン大統領は3月31日、国民向けのテレビ演説を行い、新型コロナウイルス対策規制の強化を発表した。国が「新しい方向性」を打ち出さなければ「制御不能」に陥る恐れがあるとの危機感を示している。

新たな規制は4月3日から始まり、少なくとも1カ月間継続する。「限定的なロックダウン(都市封鎖)」措置に基づき引き続き夜間の外出を禁止して国内の移動を制限、国民には在宅勤務を要請する。幼稚園・保育園や初等・中等学校は少なくとも3週間休校とする。

マクロン大統領は英国で見つかった変異ウイルスについて、「流行の中の流行」を発生させており、感染力も致死性も強いと指摘した。

集中治療室(ICU)に入院している新型コロナウイルス患者は65歳未満の年齢層がほぼ44%を占めている。フランスはこれまで「適切な選択」を行ってきたとマクロン大統領は強調、この数週間でワクチンが「加速」して「状況が変わっている」と言い添えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]