パリ旅行で恋人ゲット? 市民から8つのアドバイス

パリ市民が旅行者にパリでの過ごし方をガイド

パリ市民が旅行者にパリでの過ごし方をガイド

パリ(CNN) パリは世界で最も人気が高い旅行先の一つだが、旅行客にとって難しい場所でもある。成人してからの大半をパリで暮らしてきたフランス人コメディアンのオリビエ・ジロー氏が、旅行客が心に抱きそうな8つの質問に答える。

スーツケースにはどんな服を入れれば良い?

心配しなくても大丈夫。パリ市民がきれいに見えるのはファッション関連のブログの中だけだ。みな同じ格好をしているので、男女の区別もつかない。黒しか着ないが、変わり者は多少グレーも入れる。

重要なのは暑くても寒くてもスカーフを着用すること。あとはいつも黒いパンツか濃い青色のジーンズで大丈夫だ。スカートをはいている女性がいれば、それは外国人だろう。ミニスカートをはいているのは英国人だ。ドイツではないのでサンダル姿で靴下はいけない。

好きな格好で来てもらえれば、カラフルな服でパリに幸せにしてくれるだろう。

パリにはお店がたくさんある?

パリには数千軒のお店がある。ショッピング地域として最も有名なのはシャンゼリゼ、シャトレ、サンジェルマン、モンパルナスだ。ただ、良いサービスを期待してはいけない。

入店するときに「ボンジュール」と言ってはだめだ。店員から変な人だと思われるだろう。店員のアドバイスを期待するのも無理だ。フェイスブックの更新に忙しくて助けてもらえないだろう。

服が似合うかを店員に聞いて、「コンドームを着たニワトリのようだ」と言われてもショックを受けてはいけない。

そう、あなたは必要なものを探して、さらにズボンを7本、シャツを8着、靴なら10足選ぼう。そして試着室に行き、それらを床に置いていこう。客が拾い上げる必要はない。店を出る際のあいさつもいらない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]