大がかりなマリフアナ栽培工場を摘発 英ロンドン市内中心部

英ロンドン市内で大規模なマリフアナ工場が摘発された/Handout/City of London Police

英ロンドン市内で大規模なマリフアナ工場が摘発された/Handout/City of London Police

(CNN) ロンドン市警察は24日までに、中央銀行のイングランド銀行などが集まる市内中心部の金融街にある建物地下で大がかりなマリフアナの栽培工場を発見し、破壊したと発表した。

強いにおいが漂っているとの情報が摘発につながった。2人を逮捕した。

現場はスログモートン通りにある非居住用の建物地下でマリフアナの材料となる草木826本が見つかった。

ロンドン中心部でマリフアナ栽培工場が発見されたのは初めてとした。

英国では現在、新型コロナウイルス予防策の封鎖措置が全土規模で発令されており、住民らの往来が減り、不審な動きも気づかれないだろうと計算した末の犯行とみている。

工場の存在は今月13日に把握し、翌日に令状を取って捜索した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]