大型サイクロンがフィジーに接近、国民に厳戒呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱帯サイクロン「ヤサ」がフィジーに接近している/CNN

熱帯サイクロン「ヤサ」がフィジーに接近している/CNN

(CNN) 強い勢力をもつ熱帯サイクロン「ヤサ」が南太平洋の島国フィジーに接近している。

ヤサの強さは過去24時間のうちに、サファ・シンプソン・ハリケーン・ウィンド・スケールの5段階分類で「カテゴリー1」から「カテゴリー4」に発達した。風速は約36メートルから69メートル超にまで強まり、「カテゴリー5」に近づいている。

オーストラリアやフィジーなど南太平洋の諸国が使っているスケールでは、既にカテゴリー5に達した。

ヤサは今後12時間でさらに勢力を増した後、やや勢力を弱めて現地時間の17日夜にフィジーに到達する見通し。

フィジーでは55メートル以上の暴風に加え、250ミリ以上の豪雨による浸水や土砂崩れも予想される。海上は大しけとなり、低い土地では高潮による浸水被害が出る可能性もある。

米海洋大気局(NOAA)によれば、カテゴリー4の勢力をもつ暴風雨は壊滅的な被害をもたらす恐れがあり、頑丈なつくりの住宅が破損したり、樹木や電柱が倒壊したりして被害が大きくなることもある。

フィジーのフランク・バイニマラマ首相は全国民に向けて、豪雨や暴風、沿岸部の浸水、全土の洪水に対する備えを呼びかけた。地域海事開発省もツイッターで「今こそ備えを」と強調している。

南太平洋ではヤサとは別の熱帯サイクロン「ザズ」もトンガ北部を通過したが、ほとんど影響は出なかった。

太平洋ではここ数年、強い勢力をもつサイクロンの発生が増えており、バイニマラマ首相は気候変動が原因だとの見方を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]