コロナ深刻なチェコ、首相が会見で謝罪 欧州で第2波広がる

記者会見に臨むチェコのバビシュ首相=21日、チェコ・プラハ/Jack Taylor/Getty Images

記者会見に臨むチェコのバビシュ首相=21日、チェコ・プラハ/Jack Taylor/Getty Images

(CNN) チェコで新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な水準に達している。同国のバビシュ首相は21日、記者会見で5回にわたり国民に謝罪した。

チェコの感染拡大は世界でも最悪の規模にある。バビシュ氏は自身と政府が対応を誤ったことを認め、国民に厳格なロックダウン(都市封鎖)の措置に従うよう呼び掛けた。

さらに「新たな制限措置で事業主や市民、従業員の生活に影響が出ることを申し訳なく思う。こうした事態になる可能性を事実上否定してきたことについても、おわびしたい。こんな事態になるとは想像できなかった」と謝罪した。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、欧州ではスペインとフランスで累計感染者数が100万人を突破。米国やインド、ブラジル、ロシア、アルゼンチンに続く100万人超えとなった。

ただ、フランス保健省が報告した感染者数は21日時点で95万7421人と、ジョンズ・ホプキンス大の集計より少ない。

22日に発効したチェコの封鎖措置は、国民の移動の自由を制限したり、不要不急のサービスおよび店舗を閉鎖したりする内容。11月3日まで実施される予定となっている。

20日には厳格なマスク着用令も再導入され、都市部や自動車内でのマスク着用が義務化された。

バビシュ首相は経済を守る必要性を理由に、厳格な制限措置の導入を拒否してきたが、これにより感染拡大が手に負えなくなる事態を招くことになった。

人口1000万人のチェコは、10万人あたりの新規感染者数で他のあらゆる主要国を上回る。21日には過去最多となる1万5000人近い新規感染者が報告された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]