ポーランド軍、チェコ領を「侵犯し占領」 誤解原因

ポーランド軍が隣国チェコの領土に誤って侵入する事案が発生した/Ludek Perina/AP

ポーランド軍が隣国チェコの領土に誤って侵入する事案が発生した/Ludek Perina/AP

ロンドン(CNN) 東欧ポーランドは13日までに、同国軍の兵士が先月、隣国チェコの狭い範囲の領土を誤って侵犯し、一時的に「占領」する事態が起きたと報告した。

チェコ外務省はCNNの取材に、侵犯や陣地の構築は5月下旬に発生したと説明。越境したのは新型コロナウイルス対策で閉鎖された国境警備に当たっていたポーランド軍兵士とし、チェコ内にある教会を訪れようとした同国国民を追い払ったともした。

ポーランド国防省はCNNに寄せた声明で、軍兵士が国境線の標識を誤解したのが原因で、意図的な行為ではないと釈明。標識の配置は即座に修正され、事態は解決したと主張した。

侵犯したのは国境警備隊の業務を支援していた陸軍兵士とした。

同国政府はポーランド軍兵士がチェコ領内にとどまり続けていた時間は確認していない。チェコ政府は、ポーランド政府は誤って侵犯した理由の公式の説明をまだ伝えてきていないと批判をにじませた。

問題が起きたのはポーランド南部の国境線上にある小村近くで、住民がまばらなチェコの地方部に接している。往来が少ない道路が両国間の国境線になっているという。

ポーランドは新型コロナ対策で今年3月以降、入国禁止措置を講じている。同国と旧チェコスロバキアの間では20世紀に複数の国境紛争が勃発。1919年にはシレジア地方の主権を巡り7日間戦争も起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]