スウェーデン、上半期の死者数が過去150年で最多に

スウェーデンは春先以降も新型コロナ感染による大規模な封鎖措置を行わなかった/CNN

スウェーデンは春先以降も新型コロナ感染による大規模な封鎖措置を行わなかった/CNN

(CNN) 北欧スウェーデンでの今年上半期の死者数が、過去150年間で最多を記録したことが21日までに分かった。国の公式統計から明らかになった。

2020年の1月から6月にかけ、スウェーデンで登録された死者数は5万1405人と、昨年の同時期より6500人多かった。割合では15%増加した計算になる。

その年の上半期の死者数としては1869年以来最多。スウェーデン国内が飢饉(ききん)に見舞われた同年の上半期には、5万5431人が死亡した。

人口増加の規模も、2005年以来の低い水準にとどまっている。20年に増加した人口は6860人と、前年の半分に満たなかった。

移民の数は前年と比較して34.7%減少した。とりわけ4~6月期の落ち込みが顕著だった。

大半の国々と異なり、スウェーデンは新型コロナウイルスの感染が欧州で拡大した春先以降も大規模な封鎖措置に踏み切らなかった。個人の責任を重視し、ほとんどのバーや学校、レストランなどは普段通り稼働していた。

緩やかな感染封じ込め策を取ったスウェーデンだが、首都ストックホルムの住民の抗体保有率は4月下旬の時点でわずか7.3%と、集団免疫の形成に必要な70~90%をはるかに下回った。

米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、スウェーデンの感染死者数は現時点で5802人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]