レバノン首都で爆発 78人死亡、日本人1人含む4000人が負傷

レバノン首都の大規模な爆発で日本人1人が軽傷を負ったという/STR/AFP/Getty Images

レバノン首都の大規模な爆発で日本人1人が軽傷を負ったという/STR/AFP/Getty Images

(CNN) 中東レバノンの首都ベイルートで現地時間4日に起きた大規模な爆発で日本人1人が爆発に巻き込まれて軽傷を負ったことがわかった。菅義偉官房長官が5日、記者会見で明らかにした。

菅官房長官は犠牲者に弔意を示すとともに、今回軽傷を負った人物が日本人としては唯一の犠牲者だとみられると明らかにした。

韓国の外務省は声明で、韓国人の犠牲者の報告は受けていないと明らかにした。在ベイルートの韓国大使館は爆発が起きた場所から約10キロの位置にあるが、爆発による深刻な被害はなかった。

レバノン保健相はロイター通信に対し、ベイルートで起きた爆発によって少なくとも78人が死亡したと明らかにした。爆発の原因は不明。

大規模な爆発は現地時間4日の午後6時7分ごろに発生し、少なくとも78人が死亡し、4000人が負傷した。

地元メディアによれば、近隣のカタールやイラク、クウェートがレバノンに対して医療支援を実施する計画。レバノンに対して野外病院などが送られるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]