中国、成都の米総領事館を閉鎖 在ヒューストンの中国総領事館閉鎖に対抗

米国総領事館を示すプレートを建物から外す作業員/NOEL CELIS/AFP/AFP via Getty Images

米国総領事館を示すプレートを建物から外す作業員/NOEL CELIS/AFP/AFP via Getty Images

中国・成都(CNN) 米中間の関係が悪化するなか、中国・成都市にある米総領事館が27日午前、正式に閉鎖されたことがわかった。

中国の国営メディアによれば、建物の米国旗は早朝に降ろされていた。閉鎖の準備が進められるなか、警官が建物の周囲を取り囲み、通行人は後退させられていた。

中国政府は先週、在ヒューストンの中国総領事館が閉鎖されたことを受けて、成都にある米総領事館の閉鎖を指示していた。米政府はヒューストンの中国総領事館について、スパイ活動に関与しているなどとして閉鎖を指示していた。

総領事館の建物の周囲を行進する警官=26日/NOEL CELIS/AFP/AFP via Getty Images
総領事館の建物の周囲を行進する警官=26日/NOEL CELIS/AFP/AFP via Getty Images

中国政府もヒューストンの中国総領事館閉鎖と同じく、米政府に対して成都の米総領事館の閉鎖まで72時間の猶予を与えていた。

期限を迎えたため、中国外務省は27日、現地時間午前10時に成都の米総領事館を閉鎖したと発表した。

週末には米総領事館の周辺に数百人の人々が集まり、自撮りをしたり、中国国旗を振ったりしていた。

総領事館の建物の前で中国国旗を振る市民/NOEL CELIS/AFP/AFP via Getty Images
総領事館の建物の前で中国国旗を振る市民/NOEL CELIS/AFP/AFP via Getty Images

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]