カナダに入国の米国人男女、隔離義務違反で罰金

カナダは新型コロナウイルス感染対策として、入国者に対して14日間の外出制限を課している/Cole Burston/Bloomberg/Getty Images

カナダは新型コロナウイルス感染対策として、入国者に対して14日間の外出制限を課している/Cole Burston/Bloomberg/Getty Images

(CNN) カナダの警察は6日までに、米国から入国した男女が14日間の隔離措置を義務付ける法律に違反し、罰金を科されたと発表した。

カナダは新型コロナウイルス感染対策として、米国を含む外国からの入国者に対し、症状の有無を問わず14日間の外出制限を課している。

CNNと提携するカナダの民放CTVが東部オンタリオ州警察の発表として伝えたところによると、米ミネソタ州在住の男性(66)と女性(65)は先月24日に入国。カナダ国内の目的地で14日間待機するよう指示された。

2人はこの指示に従わず、ミネソタ州から川をはさんだオンタリオ州フォートフランシス市内で何度も出歩いているところを見つかった。

CTVによると、2人はそれぞれ罰金1000カナダドル(約8万円)の罰金を言い渡された。

カナダ政府は3月、隔離を義務付けた法律に違反した場合は最大で禁錮6カ月、罰金75万カナダドルの刑を科すと発表していた。

先月30日には、隔離措置を少なくとも8月31日まで延長する方針を示した。入国制限の対象者については先月以降、カナダ市民や永住者の近親者を除外している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]