香港で天安門事件の追悼集会、警察の禁止に逆らい数千人が参加

ビクトリア公園に集まった人々=4日、香港/Isaac Yee/CNN

ビクトリア公園に集まった人々=4日、香港/Isaac Yee/CNN

香港(CNN) 中国で民主化デモが弾圧された天安門事件から31年目となる4日、香港のビクトリア公園で、警察の禁止を振り切って数千人が集まる追悼集会が開かれた。

香港では1989年以来毎年、追悼集会が開かれてきたが。今年は新型コロナウイルスの不安を理由に開催が許可されなかった。しかし香港の感染者は1カ月間で数人程度にまで減っており、政治的な理由による禁止とみる向きが多い。

ビクトリア公園の周辺には集会禁止の看板やフェンスが張り巡らされていたが、それでも4日夕刻までに数千人が集まった。参加者の人数は例年に比べれば少ない様子で、例年のように秩序だった追悼式典も行われなかったものの、中国政府に対する断固とした抗議の意思を表していた。

集まった人たちは、集会を組織した元立法会議員の李卓人氏に続いて「一党支配を終わらせよう」「中国の民主化を」などと声を上げ、香港の独立を求める声も上がった。

数千人が集まり、追悼集会が開かれた=4日、香港のビクトリア公園/Isaac Yee/CNN
数千人が集まり、追悼集会が開かれた=4日、香港のビクトリア公園/Isaac Yee/CNN

こうしたスローガンは、中国政府が制定する「国家安全法制」に基づき、近い将来に禁止される可能性がある。中国本土では同様の法律に基づき、反体制派や民主派の活動家らが弾圧されてきた。

香港では過去数週間にわたり、国家安全法制に反対するデモに対して警察が数でデモ隊を圧倒し、催涙ガスを使って集会を解散させてきた。

しかし4日はそうした光景とは対照的に、警察の姿はほとんど見えなかった。これは米国で続く抗議デモを意識した意図的な動きと思われる。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は2日、自身を批判する米政府の「二重基準」を指摘していた。

集会の参加者は、天安門事件の犠牲者をしのんで黙とうをささげると、午後8時過ぎには解散した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]