イラク基地に再びロケット攻撃、米国人ら5人負傷

イラクの基地に再びロケット攻撃があり、有志連合のメンバーら5人が負傷した/FROM OPERATION INHERENT RESOLVE

イラクの基地に再びロケット攻撃があり、有志連合のメンバーら5人が負傷した/FROM OPERATION INHERENT RESOLVE

(CNN) イラク・タジの軍基地に14日、ロケットによる攻撃があり、5人が負傷した。米軍当局者によれば、有志連合のメンバー3人が負傷したが、軍関係者か民間人かは明らかになっていない。

米軍や有志連合による「生来の決意作戦(OIR)」の広報担当によれば、同基地に対するロケット攻撃は1週間で2度目となった。同広報によれば、有志連合のメンバー3人とイラク軍兵士2人が負傷した。イラク人2人は重体だという。当局が被害の状況を調べている。

イラク軍作戦司令部は14日、基地内に複数のカチューシャ・ロケットが着弾したと明らかにしていた。作戦司令部は声明で、ロケットが発射された場所を把握していると述べた。治安部隊がロケットが発射された場所を発見し、駐車場の内部に7基の発射装置を見つけたという。

駐車場の持ち主や従業員らが事情聴取を受けている。

イラクではここ数週間、ロケットによる攻撃が複数起きていた。タジの軍基地は11日にも攻撃を受けており、米国人2人と英国人1人が死亡したほか、10人以上が負傷していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]