ペット犬に新型肺炎の弱い陽性反応、飼い主は感染 香港

新型コロナが流行中の香港市民に聞く

(CNN) 香港政府は29日までに、ペット犬の1匹が新型肺炎の検査で弱いながらも陽性反応を示したため隔離の措置を講じたと発表した。

この犬の飼い主が新型肺炎を発症した後、犬は地元政府の農業行政などを担当する部門に引き渡された。犬の口、鼻や直腸から採取した検体の初期検査では弱いながらも新型コロナウイルスの陽性反応を見せた。

ただ、犬には新型肺炎の感染の症状は一切出ていないという。

同行政部門は声明で、現段階においてペットの動物が新型肺炎に感染したり、人への感染源になったりするとの証拠は得ていないと説明。

今後もこの犬の健康状態を注視し、新たな検体も入手して、実際に感染したのかどうかを確認するための作業を実施するとした。犬の口や鼻の部位での環境汚染の結果なのかも調べる方針。

香港政府によると、域内でこれまで確認された新型肺炎の感染者は計93人で、犠牲者は2人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]