ひよこを粉砕機にかける殺処分、フランスが禁止を表明

フランスが、オスのひよこの一律殺処分を2021年末までに禁止すると発表/Peter Endig/EPA/Shutterstock/Shutterstock/Peter Endig/EPA/Shutterstock

フランスが、オスのひよこの一律殺処分を2021年末までに禁止すると発表/Peter Endig/EPA/Shutterstock/Shutterstock/Peter Endig/EPA/Shutterstock

(CNN) フランスのギヨーム農相は28日、オスのひよこをまとめて粉砕機にかけ殺処分する行為を2021年末までに禁止すると発表した。

オスのひよこは鶏卵生産と鶏肉生産の両方で余分な存在として扱われ、世界中の生産農家が大量処分を行っている。

鶏卵農家では授精目的でしかオスを必要とせず、鶏肉の生産者は成長の早いメスを好む。

結果として、オスのひよこは生きたまま粉砕機に投げ込まれて殺処分される。中には袋に入れたりガスを使ったりして窒息死させる農家もある。

ギヨーム農相は記者会見で、「2021年末までにこれをやめさせる。我々は大規模に実行できる手段を探す必要がある」と語った。

農相はさらに、麻酔を使わないオスブタの去勢も禁止すると説明。「畜産農業における痛々しい慣行の禁止に向け、規制文言を数週間以内に公表する」とした。

養鶏業界団体の代表は発表を受け、「農相の言うことは分かる。だが現時点で他に利用できる手段がない。今のところ解決策はない。2021年までには解決策が示されることを望む」とコメントした。

世界ではドイツが2015年に初めて、ひよこの大量殺処分を禁じると発表した。しかし昨年になって裁判所が、卵が孵化(ふか)する前にひなの性別を判定できる技術を農家が利用できるようになるまでは、殺処分を合法とみなすと言い渡した。

ドイツ政府はCNNの取材に対し、500万ポンド(約7億円)を投じて性別判定技術の開発を進めており、年内には提供できるとの見通しを示した。その時点で、ひよこの大量処分は禁止される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]