世界最大級の「巨大牛」、体高約2メートル オーストラリア

世界最大級の「巨大牛」、体高約2メートル

(CNN) オーストラリアの畜産農家が、体高2メートル近くある雄牛について、「オーストラリア最大の牛」と(非公式に)発表して注目を集めている。

注目の主は、西オーストラリア州の州都パースの南部にある農場で飼育されているホルスタイン種の7歳の雄牛「ニッカーズ」。体高は194センチと、元米プロバスケットボール協会(NBA)選手のマイケル・ジョーダン氏の身長とほぼ並ぶ。体重は1.4トンあり、群れの中でもこの1頭だけが突出している。

ホルスタインは乳牛で、畜産業界のウェブサイトによると、成体の体重はおよそ680キロ、体高は約147センチ。雄牛は大抵が体高180センチ、体重は1トン近くなる。

しかしニッカーズの大きさはそれをはるかに上回る。

オーナーのジェフ・ピアソンさんによれば、ニッカーズは大きすぎたおかげで食肉加工場行きを免れた。ピアソンさんはオーストラリアのABCニュースに対し、「輸出プラントのチェーンに入るにはあまりに大きすぎた」と話している。

ただ、ニッカーズの大きさは世界一には届かなかった。世界で最も大きい牛は、ローマで2010年に開かれた品評会に登場したキアニーナ牛の「ベリーノ」で、体高は2メートルを超えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]