ジャマイカ沖でM7.7の地震、米マイアミでも揺れ

マイアミの地元警察や消防隊らが地震による建物の損傷を調査する様子/WSVN

マイアミの地元警察や消防隊らが地震による建物の損傷を調査する様子/WSVN

(CNN) カリブ海の島国ジャマイカ沖で28日、マグニチュード(M)7.7の地震があり、周辺の諸国や米フロリダ州マイアミでも揺れを感じた。

ケイマン諸島のジョージタウンでは約10センチの津波が観測された。一方、ジャマイカのポートロイヤルや、ドミニカ共和国のプエルトプラタでは津波は観測されなかった。

その後も余震が続き、米地質調査所(USGS)によればM6.1の余震もあった。

今回の地震の3週間前には、プエルトリコがM6.4の地震に見舞われていた。

ケイマン諸島グランドケイマン島の住民は、だんだん揺れが激しくなり、ビルの中にいた人が走り出したり、机の下に隠れたりしたと証言。別の住民は、避難指示が出て外に出たところ、周辺のすべてのビルにいた人が避難していたと語った。

津波警報は、地震発生から数時間後の28日午後に解除された。

今回の地震は、断層が水平方向に動く「横ずれ地震」だったと思われる。こうした地震の場合、破壊的な津波が起きる危険性は比較的小さい。

28日の地震はジャマイカ西部のルーシーから125キロ北北西で発生。震源から700キロ以上離れた米フロリダ州マイアミや、キューバの首都ハバナでも揺れを感じた。

マイアミでは中心部に近い高層ビルから数百人が避難した。地元の警察や消防によると、負傷者や建物の構造的な被害は報告されていない。

ハバナでも高層ビルにいた人などが避難した。これまでのところ、負傷者や建物などの被害に関する報告は入っていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]