中国からの学生、新型ウイルスの感染疑いで検査 コートジボワール

新型コロナウイルスへの感染が疑われるとして、コートジボワールの空港に到着した中国人学生が検査を受けている/Google Maps

新型コロナウイルスへの感染が疑われるとして、コートジボワールの空港に到着した中国人学生が検査を受けている/Google Maps

(CNN) アフリカ西部コートジボワールの保健当局は28日までに、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスへの感染が疑われるとして中国から到着した34歳の女子学生1人に対して検査を行っていると明らかにした。

新型肺炎への感染が疑われるとして検査が行われるアフリカ大陸初の事例となる。新型肺炎によって中国では少なくとも80人が死亡している。

この学生は25日、北京からアビジャンの国際空港に到着。せきやくしゃみ、呼吸困難がみられたという。学生は安全な場所に搬送され、経過観察を受けている。

当局によれば、肺炎の可能性が高いというが、最終的な診断は検査結果の分析後に行われる。

世界保健機関(WHO)アフリカ地域事務所の緊急対応部門の幹部は、地域の保健当局に対して、中国本土からの乗客について通常のインフルエンザの検査を空港で実施するよう要請したと明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]