内相がフィンランド新首相を「売り子」、大統領は謝罪 エストニア

フィンランドのマリン首相。内相の発言をめぐり、エストニアのカリユライド大統領がフィンランド大統領に謝罪した/ALAIN JOCARD/AFP via Getty Images

フィンランドのマリン首相。内相の発言をめぐり、エストニアのカリユライド大統領がフィンランド大統領に謝罪した/ALAIN JOCARD/AFP via Getty Images

(CNN) 世界最年少の現職首相となったフィンランドのマリン首相(34)について、隣国エストニアのヘルメ内相が「売り子が首相になった」とやゆして批判を浴び、エストニア大統領がフィンランド大統領に謝罪した。

エストニアの公共放送ERRによると、ヘルメ氏は15日、自身が率いる極右政党のラジオ番組で「売り子が首相になり、路上の活動家や教養のない人々が閣僚になる時代だ」と語った。

フィンランドでは今月、マリン氏が首相に就任し、連立与党5党の党首全員が女性、うち4人が30代という構成になった。

マリン氏はこれまで自分の経歴について、恵まれない家庭に育ち、レジ係として働いたこともあると語ってきた。

マリン氏はツイッターに「フィンランドを大変誇りに思う。ここでは貧しい家庭の子どもが自力で学び、人生の目標を達成することができる。レジ係が首相になることもできる」と書き込んだ。

フィンランド大統領府によると、エストニアのカリユライド大統領は16日、ヘルメ氏の発言についてニーニスト・フィンランド大統領に電話で謝罪した。

一方でヘルメ氏は同日、「社会的地位の低い人が政治の頂点に上り詰めた」ことを称賛する発言だったと主張した。

エストニア国会では17日、同氏に対する不信任案が採決にかけられたが否決された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]