人里離れた農家で父子6人、9年間孤立して生活か オランダ

父子6人、農家に9年間閉じこもりか オランダ

(CNN) オランダ北部ドレンテ州の人里離れた農家で、外部と一切接触しないまま9年間暮らしていたとみられる親子6人が発見された。CNN系列局のNOSが伝えた。

警察によると、発見されたのは父親と18~25歳の子ども5人で、ドレンテ州ライナーボルト村の農家で暮らしていた。この場所を離れたもう1人の成人の子どもが警察に通報して発覚した。

ライナーボルトの人口は数千人。しかし誰1人、この一家のことを知らなかった。

警察は、この農場を貸していた58歳の男を逮捕して、一家との関係を調べている。一家は2010年からこの場所に住んでいたと思われる。

一家は10年近くの間、敷地内に閉じこもって一切外出していなかったが、今月に入って最年長の息子がこの家を離れ、村のカフェに現れた。

カフェの経営者によると、この男性は混乱した様子でビールを注文しようとしたが、閉店間際だったことから立ち去り、別の夜に再び現れたものの、すぐに立ち去った。

男性が助けを求めていたことから、経営者は話をしようとしたが、男性のことがよく分からなかったため警察に通報するよう促したという。

男性は長髪でひげを伸ばし、古着を着ていたといい、学校へ通ったことはなく、理髪店にも9年間行っていないと話した。警察は15日の発表で、男性が家族の生活状態を心配している様子だったため、一家の自宅を訪れたと説明。「一家が自分たちの意思でそこにいたのかどうかは分からない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]