ノーベル平和賞、エチオピアのアビー首相に授与

2010年に授与されたノーベル平和賞のメダルの表面/Berit Roald/AFP/Getty Images

2010年に授与されたノーベル平和賞のメダルの表面/Berit Roald/AFP/Getty Images

(CNN) ノルウェーのノーベル委員会は11日、2019年のノーベル平和賞をエチオピアのアビー・アハメド首相(43)に授与すると発表した。

授賞理由として平和と国際協力を達成しようとする努力が挙げられた。特に隣国エリトリアとの国境紛争の解決を断固とした姿勢で主導したことが評価された。

エチオピアとエリトリアは20年に及ぶ国境紛争が続いていたが、アビー首相はそれに終止符を打とうと尽力した。この紛争は両国に経済的、人道的な多大な犠牲をもたらした。

アビー首相は最近、隣国スーダンでの民政移管に向けた権限分割の合意成立も仲介し、称賛を受けていた。

ノーベル委員会はツイッターで、「2019年のノーベル賞がアビー首相の平和と和解に向けた取り組みをさらに強める結果となることを望む」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]