11歳女児をヘイトクライムで逮捕、アフリカ系の10歳児に差別発言

米国でスクールバスに乗車中の11歳女児がヘイトクライムなどで逮捕された/Shutterstock

米国でスクールバスに乗車中の11歳女児がヘイトクライムなどで逮捕された/Shutterstock

(CNN) 米ニューヨーク州の警察は25日までに、11歳の女児をヘイトクライム(憎悪犯罪)などの容疑で逮捕した。10歳のアフリカ系米国人の女児を人種差別的な言葉で中傷したとしている。

CNN系列局のWWNYによると、ニューヨーク州北部のカバヌアで、スクールバスに乗車していた女児3人が絡む事件があった。カバヌア警察の23日の発表によると、3人のうち2人は白人、もう1人の被害者の女児はアフリカ系米国人だった

警察によれば、被害者の両親は10日に被害届を出した。両親は娘について、顔面にあざができ、髪の毛を引き抜かれ、バスの座席に倒れ込んだことで両ひざにけがをしたと訴えている。

警察は白人の女児が悪質な嫌がらせにかかわったとして、23日に10歳と11歳の女児を逮捕した。このうち11歳の女児は暴行とヘイトクライム(憎悪犯罪)の罪にも問われており、事件は少年裁判所に引き継がれる。

また、バスに乗務していた監督員の女性(28)も、暴行や嫌がらせを目撃しながら制止しようとしなかったとして、子どもを危険にさらした罪に問われている。

スクールバスの運営会社に対しては、乗務員などの研修を徹底させるよう求めた。

セントローレンス郡検察は、こうした事件で13歳未満の子どもを立件することはないと述べ、通常は家庭裁判所に送致されると説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]