栄養注射で来院の妊婦に誤って中絶手術、医師ら送検へ 韓国

韓国で、妊婦に誤って中絶手術を行った医師らが送検された/Shutterstock

韓国で、妊婦に誤って中絶手術を行った医師らが送検された/Shutterstock

ソウル(CNN) 韓国の聯合ニュースによると、首都ソウル市内の病院で先月、栄養補給の注射を受けようとした妊婦に中絶手術を施してしまうミスがあり、警察が捜査に乗り出している。

警察が23日に発表したところによると、患者は妊娠6週だった先月7日、ソウル市江西区の病院を訪れた。

病院がカルテを取り違えたうえ、看護師が本人確認をせずに麻酔薬を投与。さらに医師も本人確認なしで、患者の知らないうちに中絶手術を行った。

担当の看護師と医師は調べに対してミスを認め、過失致傷の罪で近く送検される見通しだという。

韓国では今年4月、憲法裁判所が中絶合法化の判断を下し、2020年末を期限に法改正を命じた。しかし現時点ではまだ親に遺伝疾患がある場合や強姦による妊娠、母体に命の危険がある場合などを除いて中絶は禁止され、禁錮1年以下の刑が科されることになっている。

韓国の保健当局は昨年1年間に全国で行われた中絶手術を推定5万件としているが、実際の件数はこれをはるかに超えていた可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]