極右議員に卵投げ付けた豪少年、集まった寄付をNZの被害者に

差別的発言の議員に生卵投げ付け

(CNN) ニュージーランド南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で3月に起きた銃撃事件をめぐり、同国の移民政策が原因だと発言したオーストラリアの極右議員に卵を投げ付け、注目を集めた少年が、資金調達サイトで集まった寄付金を事件の被害者らに贈ると表明した。

ニュージーランドの事件を受けて、豪上院のアニング議員は「真の原因は狂信的イスラム教徒をニュージーランドに迎え入れている移民政策」などと発言して批判を浴びた。

ウィル・コノリーさん(17)は事件の翌日、豪上院のアニング議員が取材に答えていた際、アニング氏の頭に生卵を投げ付けた。コノリーさんは同氏に顔を殴られ、周囲の人々の手で地面に押さえ付けられた。

その映像がインターネット上で拡散。資金調達サイト「ゴーファンドミー」には、コノリーさんの裁判費用や「今後の卵代」を援助しようと2件のページが開設された。

この呼び掛けに応じて約10万豪ドル(約760万円)の寄付が寄せられたが、コノリーさんには弁護士が無償で協力し、起訴に至ることもなかったため、裁判費用はかからなかった。そこで、集まった資金をクライストチャーチの被害者や遺族らの支援団体に贈ることにしたという。

コノリーさんはインスタグラムへの投稿で、煩雑な手続きの末に送金が完了したと報告。被害者らに「これがいくらかの助けになることを心から願っています」と語り掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]