NZの観光列車、「危険な自撮り」でオープンデッキ車両を廃止へ

大自然の中を走る観光鉄道からオープンデッキの展望車が姿を消すことに/Courtesy KiwiRail

大自然の中を走る観光鉄道からオープンデッキの展望車が姿を消すことに/Courtesy KiwiRail

(CNN) ニュージーランドの大自然の中を走る観光列車から、オープンデッキの展望車が姿を消すことになった。乗客が身を乗り出して自撮りするなど、危険な行為が増えているためだという。

同国の国営鉄道「キウイ・レール」の観光列車部門「グレート・ジャーニーズ・オブ・ニュージーランド」が先月、オープンデッキ廃止の方針を発表した。

事故防止策の責任者はCNNトラベルに「ここ数カ月の調査で、乗客が写真を撮ろうとして身を乗り出し、自分やほかの乗客を危険にさらす例が増えていることが分かった」と述べた。

車内の掲示やアナウンスで注意を呼び掛けているにもかかわらず、乗客らが自撮り棒やタブレット端末を持ち、トンネルが近付いていることも気付かずに、危険な態勢を取っている姿を見かけるという。

乗客が身を乗り出して自撮りするなど、危険な行為が増えていることが理由だという/Courtesy Great Journeys of New Zealand
乗客が身を乗り出して自撮りするなど、危険な行為が増えていることが理由だという/Courtesy Great Journeys of New Zealand

キウイ・レールは乗客が安全に景色を楽しめるよう車両を改装する予定だが、具体的な日程や仕様は今のところ明らかでない。

観光客の自撮り行為などが危険視されている例は他国にもある。インドでは昨年、自撮りに関連した死亡事故の件数が世界で最も多いとの研究結果が出た。こうした事故を受け、同国西部ムンバイには自撮り禁止区域が設けられた。

オランダでは、観光客が自撮りに熱中してチューリップ畑を踏み荒らすとの苦情が出ている。

ポルトガルの美術館では、観光客が自撮りしようと彫刻作品によじ登って破損させ、刑事責任を問われる事態となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]