モロッコ国王と法王の車列に少年が突進、拘束される 

モロッコで、国王とローマ法王の車列に少年が突進して取り押さえられる騒ぎがあった/Reuters

モロッコで、国王とローマ法王の車列に少年が突進して取り押さえられる騒ぎがあった/Reuters

ラバト(CNN) モロッコの首都ラバトで3月30日、同国を訪れたローマ・カトリック教会のフランシスコ法王と国王ムハンマド6世の車列に向かって少年が突進し、当局に拘束される騒ぎがあった。

現場のビデオには、この少年(17)が車に駆け寄り、スーツ姿のグループに取り押さえられる場面が映っている。

モロッコの治安当局によると、少年は「親の健康問題」について、国王に直接訴えたいことがあったという。当局と国営MAP通信によれば、少年は拘束された。

訪問に同行したCNN記者によると、法王がこの騒ぎに気付いた様子はなかった。少年がその後、どのような扱いになっているかは明らかでない。

法王はこの週末にモロッコを公式訪問し、国民の大半を占めるイスラム教徒と、少数派のカトリック教徒の架け橋となる姿勢を示した。29日には訪問に先立ち、「平和と友愛の巡礼者」として同国へ向かうとツイート。ラバトでは数千人を前に演説した後、イスラム教指導者らとの会合を開いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]