南北連絡事務所、北朝鮮側要員が復帰 理由は不明

北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所の開設式の様子=2018年9月/-/AFP/AFP/Getty Images

北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所の開設式の様子=2018年9月/-/AFP/AFP/Getty Images

ソウル(CNN) 北朝鮮の開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所で25日、北朝鮮側の要員が復帰したことがわかった。韓国統一省が明らかにした。北朝鮮は22日に要員を撤収する意向を韓国側に通知していた。

北朝鮮政府は要員撤退に関する韓国側への連絡で経済制裁には言及していないものの、専門家らは、米朝首脳会談後に米国との関係が悪化した点を指摘する。

コリア・リスク・グループの幹部チャド・オキャロル氏は、共同連絡事務所からの撤退について、最近になって現れない要員もいたことから、首脳会談以降こうした事態が起こる可能性はあったとの見方を示した。

これに加え同氏は、要員撤退を仕組むことで北朝鮮がメッセージを送ろうとしたと指摘。北朝鮮の立場を反映したそのメッセージには、韓国政府が米朝関係に十分な影響力を及ぼしていないという主張や、制裁が実際的な協力関係を阻んでいると韓国との対話がますます無意味なものとなりつつあるといった見解が含まれていると述べた。

韓国統一省によれば、共同連絡事務所は通常の業務に戻ったようだという。北朝鮮の要員は25日午前8時10分ごろに現れて、作業についた。撤収と復帰について、北朝鮮側から明確な理由は伝えられていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]