ISIS支配地、700平方メートルに縮小 クルド人部隊が発表

最後の支配地奪還へ ISIS掃討

シリア東部(CNN) シリアで最後に残った過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」による支配地の奪還作戦を展開しているクルド人主体の部隊「シリア民主軍(SDF)」は16日、ISIS支配地がわずか700平方メートルまで縮小したと発表した。

SDFは先週末から、シリア東部の町バグズ・ファウカニに残っていた支配地の奪還作戦を開始した。作戦を統括するコバニ司令官が記者会見で語ったところによると、SDFはすでにこの地域を包囲したものの、ISISが「人間の盾」としている数千人の民間人を傷付けないよう、進軍のスピードを落としている。ISISに拘束された人々の解放も慎重に進め、ここ数日間で10人を救出したという。

コバニ司令官は「町がまだ陥落していないのを意外に思う人もいるかもしれない」としたうえで、SDF部隊は民間人保護のために銃撃を中止していると説明。「2~3日以内には世界へ向けて、ISISの軍事的終えんという良い知らせを発表できるだろう」と述べた。

ISISは一時、英国全体ほどの広大な土地と1000万人以上の住民を支配していた。同司令官は「今後は潜伏組織や残党の掃討という次の段階に入る」と説明した。

SDFは作戦開始前の時点で、この地域には民間人が1500人、ISIS戦闘員が500人ほど残っていると推定していたが、実際の人数はこれよりはるかに多いことが分かっている。

トランプ米政権は昨年末、シリアからの米軍撤退を表明したが、これに対しては同盟国や軍幹部から「ロシアとイランの影響力を強める恐れがある」「ISISはまだ打倒されていない」などと懸念する声が相次いでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]