中国軍艦艇、「電磁レールガン」搭載近付く 国営紙

人民解放軍海軍の揚陸艦に搭載されたレールガン技術を示すものとしてCCTVが提示した画像/CCTV

人民解放軍海軍の揚陸艦に搭載されたレールガン技術を示すものとしてCCTVが提示した画像/CCTV

(CNN) 中国の国営メディアは5日までに、戦闘艦船に電磁誘導により弾丸を高速発射させる「レールガン」を配備する時期が近付いていると報じた。事実なら世界でも最先端級の兵器の保持を意味する。

国営紙「環球時報」は中国中央テレビ局(CCTV)の報道を引用しながら、中国のレールガンは外国製の模倣ではなく完全な自前の技術に基づくものと誇示した。

中国などでは最近、実験用のレールガンを積んだとみられる揚陸船の不明の場所での目撃がインターネット上で話題になっていた。ただ、目撃談などの真偽はわかっていない。

レールガンの弾丸の速度は音速の7.5倍で、射程距離は最長で125マイル(約201キロ)。火薬利用の従来型の砲門よりもコストが安く、命中率も高いといわれる。米海軍技術本部によると、同海軍艦船の標準的な5インチ(約12.7センチ)砲の射程距離である13カイリ(24キロ)よりはるかに遠くへ飛ばすことが可能。

米海軍もレールガン技術を開発中/U.S. Navy
米海軍が開発中のレールガン技術の一部/U.S. Navy

米太平洋軍(現・インド太平洋軍)の諜報(ちょうほう)部門の責任者を務めたことがある軍事専門家はCNNの取材に応じ、環球時報の報道が正確なら、あと1、2年で運用される可能性があると指摘した。

注目されるのは中国が外国製兵器の技術などをまねず国産開発に移行しているとみられることだと主張。「兵器開発の面で中国は米国より10~15年遅れていると言ってきたが、今や西側とは互角の水準に近付いている」とも分析した。

環球時報はレールガンとは別の記事で、中国の兵器企業が大規模爆弾の実験を実施したとも伝えた。米軍が開発し、核兵器以外では最大の威力を有する「大規模爆風爆弾(MOAB)」に似ているとも指摘されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]