性交時に避妊具外す、男に有罪判決 ドイツで初の事例

パートナーの女性と性交中、同意を得ずコンドームを外したとして男に有罪の判決が下された/Shutterstock

パートナーの女性と性交中、同意を得ずコンドームを外したとして男に有罪の判決が下された/Shutterstock

(CNN) ドイツの首都ベルリンの地方裁判所は23日までに、パートナーの女性と性交中、相手の同意を得ずコンドームを外したとして36歳の男性警官に有罪の判決を下した。

裁判所の報道担当者は、「Stealthing」とも呼ばれるこの種の行為で有罪が言い渡されたのはドイツで初めてとみている。

同報道担当者によると、被告の警官は今月11日、執行猶予付きの禁錮8カ月、賠償金3000ユーロ(約37万8000円)と被害を受けた女性の性的な健康に関する医学的検査の費用96ユーロの支払いを命じる判決を受けた。被告は上訴する方針を表明した。

女性との性交渉は昨年11月18日、ベルリン市内にある被告のアパートであり、女性は法廷でコンドームの着用をはっきりと求め、避妊具なしでの性交には同意しなかったと主張。射精後にコンドームを使っていなかったことに気付いたと述べていた。

裁判所の報道担当者によると、女性はその後、怒って被告の部屋を出たが、性病への感染に不安を抱いたと説明。警察に通報もし、警官が被告の部屋に向かったがドアは開けられなかったとした。

一方、被告は法廷でコンドームは既に裂けていたため完全に外したと主張。射精は体外で行ったとしたが、女性はこれを否定した。

性交中、相手に隠れて避妊具を外す行為をめぐる法律論争などは世界各地で今なお起きている。ドイツでの今回の裁判の開廷は、同国で2016年、性犯罪関連法が改定されたことで初めて可能になっていた。同法の改正では性犯罪の発生が訴えられた場合、当事者間の合意の有無などがより重視されることになった。

法律の専門家によると、Stealthingに関する刑事裁判はスイスやカナダを含む複数の国で開かれたことがある。米国でその事例はないともした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]