「難民が集団強姦」、少女の作り話だった ドイツ

2016.02.02 Tue posted at 11:05 JST

[PR]

ベルリン(CNN) ドイツのベルリンで13歳の少女が難民の集団に拉致され集団強姦(ごうかん)されたと訴えていた事件で、この少女が話をでっち上げていたことを認めたという。当局者が1日に明らかにした。ドイツではこのニュースが発端となって難民反対デモに火が付き、ロシアとの対立にまで発展していた。

ベルリンに住むロシア系の少女は先月、30時間ほど行方が分からなくなり、帰宅後に警察の調べに対し、駅でアラブ系とトルコ系の男3人に拉致されて車に乗せられ暴行されたと訴えていた。

このニュースがロシアのメディアやソーシャルメディアで伝えられたことを受け、ロシア系ドイツ人や極右集団がデモを展開。ロシアのラブロフ外相は、ドイツ当局が事実を隠ぺいしていると非難していた。

しかしベルリンの検察によると、検査で少女は強姦被害に遭っていなかったことが分かり、本人も作り話だったことを認めた。警察は電話の記録を調べた結果、行方不明になったとされる夜、少女はドイツ人男性と一緒にいたと判断した。

この男性と男性の母親も、少女が家にいたことを確認したという。

ドイツのケルンなどでは大みそかの12月31日、難民が関与したとされる性的暴行被害の訴えが相次ぎ、難民受け入れに対する反感が強まっていた。

メールマガジン

[PR]