「ホームレスにクリスマスの宿を」、ホテル側が急きょキャンセル 英

ホームレスに宿泊先を提供する取り組みがホテル側のキャンセルで暗礁に乗り上げた

ホームレスに宿泊先を提供する取り組みがホテル側のキャンセルで暗礁に乗り上げた

(CNN) 地元の路上生活者にクリスマスの宿を――。英国の地方都市で計画されていたプロジェクトが、ホテル側の突然のキャンセルで行き詰まっている。

イングランド北東部キングストン・アポン・ハルでホームレスを支援するNPO「レイズ・ザ・ルーフ・ハル」は、路上生活者28人に24日と25日の宿泊先を提供しようと、インターネット上で広く寄付を募る「クラウドファンディング」を通して1000ポンド(約14万円)余りの資金を調達。英ホテルチェーン、ブリタニア・ホテルズ系列の「ロイヤル・ホテル・ハル」にツインルーム14室を予約していた。

ところが15日になって、ホテルから予約取り消しの電話があったという。このNPOを設立したカール・シンプソン氏は、フェイスブックへの投稿で強い失望と怒りを示した。ホテル側になぜかと尋たところ、理由はないとの答えが返ってきたという。

同NPOの代表、ヘイリー・ハリントン氏がCNNとのインタビューで語ったところによると、ホテル側は当初、ホームレスのための予約と承知したうえで「素晴らしい」と賛同していた。同氏は「オンラインで調べると空室は残っている。これは差別だ」と訴えた。

同氏によると、昨年は別のホテルで同様のプロジェクトを実施した。今年は部屋数が足りなかったためホテルを変更したという。

フェイスブックの投稿には、ホテル側を非難する数百件のコメントが寄せられた。ブリタニア系ホテルのボイコットを呼びかける声も上がっている。

別の宿泊先を探すために資金をさらに集めようとの呼び掛けもあり、クラウドファンディングのサイトにはすでに8000ポンドの寄付が集まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]