トルコ高速鉄道事故、死者9人に 3人を拘束

トルコの高速鉄道事故で死者が9人となった/Burhan Ozbilici/AP

トルコの高速鉄道事故で死者が9人となった/Burhan Ozbilici/AP

(CNN) トルコの首都アンカラ近くで13日に起きた高速鉄道の脱線・衝突事故では、これまで少なくとも9人が死亡、46人が負傷した。

コカ保健相は負傷者のうち2人が重体だと明らかにした。13日午後の時点で事故現場からはすべての負傷者を救出したとしている。

事故は現地時間の午前6時半ごろ発生。トルコ・アナトリア通信によると、アンカラとコンヤを結ぶ路線を走行中だったこの列車は、脱線した後で駅の陸橋に衝突した。陸橋の一部が崩れ落ち、客車2両の上を直撃したという。

事故当時、列車には206人の乗客が乗っていた。CNNトルコは、列車がアンカラ市内の駅を出発してわずか4分後に事故を起こしたと伝えている。

エルドアン大統領は、事故に関連して3人の身柄を拘束したと発表。犯罪事件として捜査本部を立ち上げたとし、「事故の責任が誰にあるのか、明らかになるだろう。そのために必要なことは何でもする」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]