サウジ検察、記者殺害で死刑求刑 死因は鎮静剤の過剰投与

サウジのジャーナリスト殺害、タイムライン

(CNN) サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺害された事件で、サウジ検察は15日、殺害に関与したとされる5人に対して死刑を求刑すると発表した。

サウジ検察によると、この事件では計11人が起訴された。このうち死刑を求刑する5人は「犯行の命令と実行」に直接関与したとしている。

検察はカショギ氏が殺害された経緯についても発表した。それによると、10月2日にカショギ氏が訪れたトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で争いがあり、カショギ氏は縛り上げられ、過剰な鎮静剤を投与されて死に至った。遺体はバラバラにされ、5人によって領事館から運び出されて地元の協力者に引き渡されたという。

検察によれば、サウジ情報機関のナンバー2だったアフメド・アシリ氏がカショギ氏をサウジに連れ戻す作戦の遂行を命じ、15人のチームを結成した。

15人は交渉チームと情報チームおよび物流チームに分かれ、このうち交渉チームのトップがカショギ氏の殺害を命じたとされる。

「交渉チームのトップは、被害者を帰国させる交渉に失敗した場合、力づくで安全な場所に移動させることは不可能と判断し、交渉が失敗した場合は殺害することを決めた」と検察は説明している。

作戦のトップと交渉チームのトップは共同で「虚偽の報告書」を情報次官に提出することを決め、交渉が失敗に終わってカショギ氏は総領事館を出たと報告したという。

サウジ検察の発表について、トルコのチャブシオール外相は「納得できない」と述べ、改めてトルコの法律に従って被告らを訴追することを求めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]