宮崎県高千穂町、住宅から男女6人の遺体見つかる

遺体が発見された住宅の周囲を封鎖する警官=宮崎県高千穂町/Kyodo News via Getty Image

遺体が発見された住宅の周囲を封鎖する警官=宮崎県高千穂町/Kyodo News via Getty Image

東京(CNN) 宮崎県高千穂の住宅で、警察官によって、住人の飯干保生(いいほし・やすお)さん(72)ら男女6人が死亡しているのが発見された。連絡が取れないとの親族の通報を受けた警官が住宅で遺体を発見した。

女性の遺体1体は屋外で見つかった。男性3人と女性2人の遺体は屋内で発見された。

地元メディアによれば、一部の遺体には刃物による傷があった。

当局によれば、死亡していたのは、保生さんのほかに、妻の実穂子さん(66)、孫の唯さん(7)、息子の昌大さんの妻の美紀子さん(41)、孫の拓海さん(21)。昌大さんの知人も死亡していた。

昌大さんは男女6人の遺体が発見された後、行方が分からなくなっていた。警察によって、五ケ瀬川で7体目の遺体が見つかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]