イラン高速艇2隻、米司令官乗船の艦船に接近 ペルシャ湾

米海軍強襲揚陸艦「エセックス」/Mass Communication Specialist 2nd Class Mark R. Alvarez/U.S. Navy via Getty Images

米海軍強襲揚陸艦「エセックス」/Mass Communication Specialist 2nd Class Mark R. Alvarez/U.S. Navy via Getty Images

ワシントン(CNN) 中東などを管轄する米中央軍のボーテル司令官(陸軍大将)が乗り込んだ米海軍強襲揚陸艦「エセックス」がペルシャ湾に展開中、イランの攻撃用の小型高速艇2隻が300ヤード(約274メートル)の至近距離まで接近していたことが28日までにわかった。

2人の米国防総省当局者が明らかにした。接近は26日に起き、同司令官は当時、航空機による通常の作戦を視察中だったという。

ただ、米海軍はイラン側の今回の行動について敵対的な意図は見られず、安全航行を守り、職業軍人の規範行為に従った動きと結論付けた。

高速艇がエセックスにボーテル司令官が乗船していることを把握しているふしもなかったという。高速艇はエセックスを追跡するような行動を見せた後、並走も始めていた。うち1隻は一時、エセックスから約300メートル離れた海域で同艦の前方を横切ってもいた。

ペルシャ湾でボーテル司令官が乗り込んだ米海軍艦船がイラン海軍艦船と遭遇したのは今回が初めてではない。2016年7月には司令官がいた艦船にイラン海軍の武装した艦艇5隻が接近する事例もあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]