ペンス米副大統領、演説で中国批判 貿易や軍事に幅広く言及

ペンス米副大統領が演説で中国批判/Win McNamee/Getty Images North America/Getty Images

ペンス米副大統領が演説で中国批判/Win McNamee/Getty Images North America/Getty Images

ワシントン(CNN) ペンス米副大統領は4日、中国に関する演説を行い、「略奪的」な経済慣行や米国に対する攻撃的な軍事姿勢、トランプ大統領の再選を阻もうとする試みを挙げて幅広い中国批判を展開した。

ペンス氏は演説で、中国からの輸入品2500億ドル相当に関税を課したトランプ氏の動きに言及。そのうえで「中国がトランプ大統領の強い姿勢に対抗して、大統領への支持を損なおうと包括的かつ組織的な取り組みを進めていることを、米国民は知る権利がある」と述べた。

ペンス氏は米情報機関の分析を挙げたものの、自らの主張を裏付ける証拠は提示しなかった。今回の演説を受け、貿易戦争などで既に近年最低の状態にある米中関係は緊張が激化するとみられる。

ペンス氏また、「ありていに言えば、トランプ大統領の指導力は機能している。中国は別の人物が米国の大統領になることを望んでいる」とも指摘した。

トランプ政権は中国に対抗するため、軍事や貿易、国内政治にまつわる問題を結びつける論法を採用してきた。ペンス氏による今回の演説はこうした言説を大幅に拡大した形だ。

ペンス氏は、中国が「比類のない監視国家」を作って自国民を抑圧していると批判。宗教的少数派への弾圧や、中国に有利な融資プログラムによる他国の圧迫に触れた。

また、中国の治安当局について「米国技術の大規模な窃盗」を組織しているとの見方を示した。

中国による攻撃的な軍事姿勢にも触れ、「中国はかつてない形で力を行使している」と強調。「日本の施政下にある尖閣諸島の周辺で中国船が恒常的な監視活動を行っている」と指摘した。

中国の海軍艦船が米駆逐艦「ディケーター」に異常接近した件については、「向こう見ずな嫌がらせ」と形容し、「我々は威圧に屈しない。引き下がらない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]