米在住の中国人に禁錮刑、機密の通信技術を密輸

機密扱いの軍事用通信技術などを中国へ流出させていた罪でカリフォルニア州在住の中国籍の女に禁錮刑が言い渡された/Spencer Platt/Getty Images

機密扱いの軍事用通信技術などを中国へ流出させていた罪でカリフォルニア州在住の中国籍の女に禁錮刑が言い渡された/Spencer Platt/Getty Images

(CNN) 米司法省は1日、米国から機密扱いの軍事用通信技術などを中国へ流出させていた罪で有罪を認めたカリフォルニア州在住の中国籍の女に、禁錮3年10カ月の刑が言い渡されたことを明らかにした。

同州ロサンゼルス郊外のポモナに住む陳思(チェンスー)被告(33)は2013~15年の間、軍事用の通信妨害装置の部品や宇宙通信装置を多数購入し、許可なく中国へ密輸したとして昨年5月に逮捕され、今年7月の罪状認否で有罪を認めた。

被告はさらに、資金洗浄やパスポート偽造の罪も認めていた。

連邦地検の検事は声明で、「被告は軍事目的で使われ得る製品を中国へ密輸する犯行に、承知のうえで参加していた」「密輸品は米衛星の通信を妨害する装置などに悪用される可能性がある」と指摘した。

検察によると、被告はいくつかの偽名を使い分け、その名前で偽造パスポートを入手したり、ポモナ市内に事務所を借り、購入した製品を受け取ったりしていた。製品はここから香港あてに発送され、そこから中国本土へ送り込まれていたとされる。

法廷文書は、同被告と共謀して香港への密輸に加担したとされる少なくとも3人の人物に言及しているが、いずれも起訴されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]